コラム

義実家のハウスダストに困ったらどうすればいい?

年末年始やお盆などである程度滞在する義実家が、ハウスダストまみれの場合は少なくありません。

自分はもちろんのこと、子どもがアレルギー体質だと足も踏み入れたくないでしょう。

しかし改善するように伝えるのは中々難しいです。

そんな時は自己防衛をするしかありません。

風邪を移さないようになどもっともらしい理由を作り上げて、マスクを着用しましょう。

掃除を手伝う形で、過ごす環境を改善するのもひとつの手です。

もちろんただ何も考えずにハウスダストが充満しているだけの可能性もあります。

ある程度理解度を示してくれる義実家であれば、何らかの対処をしてくれるかもしれません。

いずれの場合でも重要視すべきなのは、なるべく遺恨を残さないようにすることです。

▼PICK UP

関連リンク

  • うめだ総合仕出しセンター

    鹿児島県の『うめだ総合仕出しセンター』は仕出し弁当やオードブルなどの宅配専門業者。地元・鹿児島の野菜や水産物、畜産物を活かした、新鮮な素材の味が際立つ料理は地産地消にこだわる『うめだ』ならでは。お弁当の豊富なラインナップにはみんながきっと大満足♪です!

    www.bento-umeda.com/

▼寝具特集

  1. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  2. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  3. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  4. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  5. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策

▼CATEGORY

  1. お役立ち

    ほこりアレルギーを発症する人には共通点が!?ハウスダストの豆知識
  2. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  3. お役立ち

    布団に潜んでいる「ダニ」は想像を絶する”数”だった!
  4. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  5. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
PAGE TOP