お役立ち

減感作療法はどのくらいで効果が出る?ハウスダスト対策の豆知識

ハウスダスト対策のひとつとして、減感作療法を知っておくと良いです。

減感作療法は、免疫療法で、アレルギーの原因物質となる抗原を少しずつ身体に与え、抗原に慣らすという治療法で、アレルギー症状を抑え、さらにアレルギーを治すことも期待できる治療法です。

減感作療法は効果が持続したり、症状の治癒の可能性があったり、副作用も滅多にない療法ですが、治療の効果が出るまでは3年以上は続ける必要があります。

アレルギーの抗原検査として血液検査をし、結果が出るまで約1週間待ちます。

抗原によっても療法は異なりますが、抗原がハウスダストの場合には、皮下免疫療法を行い週2回や1週1回など間隔を空けながら最終的には月1回の通院で治療を行い、期間は3年以上は必要になります。

▼PICK UP

▼寝具特集

  1. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策
  4. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  5. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  2. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  3. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
  4. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
  5. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
PAGE TOP