お役立ち

ダニアレルギーによる皮膚炎、症状を軽くするオススメの方法

布団などに繁殖しやすいダニは、湿度や気温が高くなる夏の時期に一気に増殖する特徴があります。

布団カバーなど直接肌に触れる寝具の洗濯をこまめに行なっていないご家庭は、布団に入る時にダニの死骸や糞などを吸い込んだり肌に触れることが多くなるため、咳や鼻水といった症状の他にアトピー性皮膚炎といった肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

元々アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚バリア機能が弱い人に特に起こりやすく、ダニの死骸や糞に皮膚が刺激を受けることでアレルギー症状を引き起こし、湿疹やかゆみなどが起こります。

症状を少しでも軽くするためには、寝具のこまめな洗濯を行い、清潔な状態を維持することが大切です。

またアトピー性皮膚炎は肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなっているため、保湿剤などをかゆみや湿疹を起こして乾燥している部位に塗ることで対策を行いましょう。

▼PICK UP

▼寝具特集

  1. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  2. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ
  3. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策
  4. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  5. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  2. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  3. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
  4. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  5. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
PAGE TOP