コラム

子供のためのダニ対策は3つのポイントを押さえるべし!

大人より肌が弱い子供は、アレルギー体質でなくてもダニや虫から守ってあげたいものです。

かゆみなどの反応が見られなければその存在すら分かりにくいダニですが、日常の生活で気をつけておきたいポイントはあります。

毎日着替える服と違い、パジャマなどはたたんで置いておくことが多いものですが、人肌に温まり、体から出た汗なども残っています。

汚れていなくても洗濯のついでに入れ、頻繁に洗うぐらいが良いでしょう。

また、子供が遊ぶエリアにカーペットを敷いてあるなら、もちろん毎日の掃除は欠かせません。

裏をめくれるようならカーペット下も掃除をしましょう。

布団を使用しているなら、マットから掛け布団、枕などに風を当て、短時間でも干しましょう。

ベッドならマットレスをあげて風を通すだけでも違います。

▼PICK UP

▼寝具特集

  1. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  2. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策
  3. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  4. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  5. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ

▼CATEGORY

  1. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  2. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  3. お役立ち

    布団に潜んでいる「ダニ」は想像を絶する”数”だった!
  4. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  5. コラム

    実はあなたもアレルギー患者かも!増加しているダニ被害の現状とは
PAGE TOP