お役立ち

夏になるとアレルギー症状が治まるのは何故?ハウスダストの豆知識

ハウスダストの症状であるせきや鼻水、頭痛などは冬に激しくなり夏は治まる傾向があり、これは夏と冬の気候が影響しています。

冬は気温が下がり比較的湿気が少ない時期で、さらにストーブなどの暖房器具で家の中の乾燥が加速します。

この状態での家の中はちりやほこりが空中に舞いやすくなります。

部屋の中を浮遊しるほこりなどは人の口や鼻、目から侵入しやすくなり、特に寝ている時には、浮遊したほこりが体の上に舞い降りてきて危険な状態になります。

夏は湿気が多いため、ちりやほこりが水分を吸収して重くなって、浮遊することなく、部屋のすみなどに溜まります。

この他にも冬は気温が低いので、鼻やのどの奥などの粘膜を刺激しやすいのも、症状を大きく感じる要因です。

▼PICK UP

▼寝具特集

  1. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  4. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  5. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  2. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  3. お役立ち

    布団に潜んでいる「ダニ」は想像を絶する”数”だった!
  4. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  5. お役立ち

    ほこりアレルギーを発症する人には共通点が!?ハウスダストの豆知識
PAGE TOP