お役立ち

ハウスダストを吸い込んでしまったら…すぐにとるべき3つの行動

ハウスダストを吸い込んでしまった場合、その量が少量であれば特に問題はありません。

人間の体は異物を吸い込んだ場合でもこれを体外に排出しようとする性質があるため、咳き込んだり、くしゃみが出たりと言う形で排除しようとするものです。

そのため、大量に吸い込んだり、継続的に吸い込むようなことがなければ特に問題はありませんが、まずはその排出を促すような行動をすることが必要です。

1つは、しっかりとうがいをすることです。

咳をすることで排出される面もありますが、口の中に付着したものはそのまま飲み込んでしまう危険もあるため、しっかりうがいをすることが大切です。

またくしゃみが出た場合は鼻をかんで排出しましょう。

加えて顔を洗っておくことが大切です。

目の周りに付着したハウスダストが炎症の元となる危険性があるためです。

▼PICK UP

関連リンク

  • 骨董品の買取

    「押し入れや倉庫の隅に放置されている骨董品。捨てるわけにもいかなくて、長い間そのままにしてしまっている……。」そんなあなたに朗報です!「古美術 風来坊」では古いものなら幅広くしっかりと買い取り!何となく机の隅に置いていたコインにも、もしかしたらすごい価値があるかも……!?スマホで写真を撮って、そのまま気軽にお問い合わせができます。電話でのお問い合わせも可能です!

    www.kobijutsu-fuuraibou.com/

▼寝具特集

  1. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  4. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  5. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  2. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  3. お役立ち

    布団に潜んでいる「ダニ」は想像を絶する”数”だった!
  4. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  5. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
PAGE TOP