お役立ち

ハウスダストを吸い込むと、体にどんな影響を与えるの?

人間の体は基本的に異物が入ってくるとこれを積極的に追い出そうとする動きを示します。

そのためハウスダストを吸い込んでしまった場合には咳がひどくなったり、鼻水や涙が止まらなくなったりといった花粉症と同じような症状を示すことになるのです。

さらにこの状態が悪化すると、アレルギー性鼻炎や結膜炎のほか、アトピー性皮膚炎などを発症してしまう場合もあり、体の免疫力が低下してしまうと言う恐れもあるため注意をしなければなりません。

花粉症の場合には基本的に体に害のない花粉を異物として排除しようとするために起きる症状ですが、ハウスダストの場合には、体のメカニズムに支障をきたす成分が含まれている場合もあるため、吸い込むことを避けるよう注意をすることが必要です。

▼PICK UP

▼寝具特集

  1. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  4. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  5. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  2. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  3. お役立ち

    ほこりアレルギーを発症する人には共通点が!?ハウスダストの豆知識
  4. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
  5. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
PAGE TOP