対策

ハウスダストの大きさは?掃除機で「ゼロ」にすることは可能?

一言にハウスダストと言っても様々な種類のものがあり、大きさも異なります。

掃除機をこまめにかけたり水拭きをしたとしても、微細な粒子まで完全に除去するのは難しいです。

髪の毛や綿埃のような目にも見える大型のハウスダストであれば取り除くことはできますが、ダニやダニの糞と言った目に見えないものはできません。

特に絨毯にはフローリングの1万倍以上のダニが存在しているともいわれています。

しかしダニが餌としている皮脂や髪の毛、皮膚の角質などを吸い取ってしまえば、増える速度は抑えることが可能です。

掃除機の排気から再び出てきてしまうハウスダストもあるので、パック式のものよりはサイクロン式の掃除機のほうが除去率は高いです。

▼PICK UP

関連リンク

  • 練馬 キッズスクール

    ハウスダスト対策などからお子さまを守っていらっしゃる保護者さま。お子さまの「これから」に関する悩みはございませんか?みずほスクールでは、自立した考えを育てる様々なプログラムを提供しておりますので、ぜひチェックされてみて下さい。

    www.mizuho-edu.co.jp/

▼寝具特集

  1. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  2. 敷布団を”最短”で乾かせる!ハウスダストに悩んでいる方必見!…
  3. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  4. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  5. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  2. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
  3. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  4. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  5. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
PAGE TOP