基礎知識

枕を洗うタイミング・洗い方。ハウスダスト対策のための豆知識

枕本体を洗おうと考えている場合、その頻度は半年に1回程度が理想です。

ハウスダストで気を付けなくてはならないのは、繊維クズなども含まれる点です。

枕に小さな繊維が存在する場合には細かく洗わないといけないので、洗い方に気を付けて対処することが大切です。

この点、枕カバーをしているときは本体にまでそれほど汚れは到達しないため、ハウスダスト対策であっても頻繁に洗う必要はありません。

実際に洗うときには、洗濯機で洗浄ができるものかそうではないのかで分ける必要があります。

洗濯機で洗えるケースでは、30度以下の温度に設定することが重要です。

そうではない場合は、手洗いで40度を限界としてしっかりと洗浄することです。

▼PICK UP

関連リンク

  • 有限会社アシストサービス

    外壁塗装や、水廻りのリフォームのことなら有限会社アシストサービスをご利用ください。自社の職人が施工致し不都合が起きた場合には迅速に駆け付け、スピーディー解決を実現させています。高品質の施工サービスをぜひご体感ください。

    asistservice.jp/

▼寝具特集

  1. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  2. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  3. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策
  4. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  5. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  2. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  3. コラム

    実はあなたもアレルギー患者かも!増加しているダニ被害の現状とは
  4. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  5. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
PAGE TOP