コラム

防ダニ布団はどう選ぶ?高密度織り生地(化学繊維)のメリット・デメリット

防ダニ布団のなかでも、高密度織り生地は医薬品などを使用していないためアレルギーの心配がある人にとっても非常に使いやすいものとなっています。

この布団は繊維の密度が非常に細かいため、隙間からダニが内側に入り込むことができない構造となっており、そのためにハウスダストが発生しにくい構造となっているのがメリットです。

しかし素材が科学性であるために肌に合わないと言う人も多く、また繊維の密度が濃いために吸湿性が悪く、暑い日などは寝苦しいと感じてしまうことも多いのが難点です。

そのため本来は掛け布団と敷布団両方がこの構造であればダニを寄せ付けないのですが、この場合非常に寝苦しくなってしまうため、どちらかは他のものとすることが良い方法となっています。

▼PICK UP

関連リンク

  • 痛くない歯医者 西宮市

    できるだけ抜かない・削らない・痛みに配慮した歯科治療を行ってくれる『タニダ歯科医院』。西宮市にあるデンタルクリニックで、気になる点をしっかり説明してくれるカウンセリング体制と拡大鏡を使った治療という丁寧な二つの柱であなたの歯科治療をサポートしてくれます。

    www.tanidashika.jp/

▼寝具特集

  1. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  4. ハウスダスト対策は寝具選びで始めよう!
  5. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません

▼CATEGORY

  1. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  2. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
  3. お役立ち

    ほこりアレルギーを発症する人には共通点が!?ハウスダストの豆知識
  4. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  5. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
PAGE TOP