コラム

防ダニ布団はどう選ぶ?高密度織り生地(化学繊維)のメリット・デメリット

防ダニ布団のなかでも、高密度織り生地は医薬品などを使用していないためアレルギーの心配がある人にとっても非常に使いやすいものとなっています。

この布団は繊維の密度が非常に細かいため、隙間からダニが内側に入り込むことができない構造となっており、そのためにハウスダストが発生しにくい構造となっているのがメリットです。

しかし素材が科学性であるために肌に合わないと言う人も多く、また繊維の密度が濃いために吸湿性が悪く、暑い日などは寝苦しいと感じてしまうことも多いのが難点です。

そのため本来は掛け布団と敷布団両方がこの構造であればダニを寄せ付けないのですが、この場合非常に寝苦しくなってしまうため、どちらかは他のものとすることが良い方法となっています。

▼PICK UP

関連リンク

  • 焼きそばソース

    創業28年、伝統の味を守り続ける月星食品の焼きそばソースを味わってみませんか?熟練の職人が何度も味を確認しながら作る、1日300本限定のこだわりソースです。

    www.tsukiboshi-s.co.jp/

▼寝具特集

  1. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  2. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ
  3. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  4. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  5. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…

▼CATEGORY

  1. コラム

    実はあなたもアレルギー患者かも!増加しているダニ被害の現状とは
  2. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  3. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
  4. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  5. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
PAGE TOP