コラム

防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット

防ダニ対策のひとつとして、高密度織り加工の布団カバーを選ぶという選択があります。

高密度織りの布団カバーのメリットは、その名の通り生地が高密度で織られているためダニの布団への侵入を阻止することが出来る点です。

ダニは生地の隙間から布団に侵入するので、その前にシャットアウトする訳ですね。

後は粘着テープ等で小まめに布団カバーの表面をお手入れすれば良いのです。

デメリットは、生地の密度が高いとどうしても通気性が悪くなるということですね。

つまり多少のムレやすさを感じるかもしれません。

それから、家庭で洗濯をしてしまうと生地が緩みやすくなったり、穴が開いてしまうというリスクがあるというところもデメリットとして数えられるのではないでしょうか。

▼PICK UP

関連リンク

  • 非常用発電機 負荷運転

    非常用発電機を設置されているビルの管理責任者様!消防法に定められた発電機の保守点検はもうお済みですか?法令点検の豊富な実績のある「TEC」なら、負荷運転・内部観察ともに安心してプロに任せることが出来ますよ☆詳しくは、こちらからご覧下さい!

    tec-jp.com/

▼寝具特集

  1. 布団に入ると咳が出る…それはダニアレルギーかもしれません
  2. 敷布団を”最短”で乾かせる!ハウスダストに悩んでいる方必見!…
  3. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  4. 【主婦必見!】布団のダニを退治する方法まとめ
  5. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!

▼CATEGORY

  1. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  2. 対策

    【ママ必見】0歳から始めるアレルギー対策まとめ
  3. 対策

    【2020年】撃退力で選ぶ「最新空気清浄機」BEST3
  4. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  5. お役立ち

    ほこりアレルギーを発症する人には共通点が!?ハウスダストの豆知識
PAGE TOP