基礎知識

枕を洗うタイミング・洗い方。ハウスダスト対策のための豆知識

枕本体を洗おうと考えている場合、その頻度は半年に1回程度が理想です。

ハウスダストで気を付けなくてはならないのは、繊維クズなども含まれる点です。

枕に小さな繊維が存在する場合には細かく洗わないといけないので、洗い方に気を付けて対処することが大切です。

この点、枕カバーをしているときは本体にまでそれほど汚れは到達しないため、ハウスダスト対策であっても頻繁に洗う必要はありません。

実際に洗うときには、洗濯機で洗浄ができるものかそうではないのかで分ける必要があります。

洗濯機で洗えるケースでは、30度以下の温度に設定することが重要です。

そうではない場合は、手洗いで40度を限界としてしっかりと洗浄することです。

▼PICK UP

関連リンク

  • L-VER

    「ネットで配信をしてみたいけど、炎上したらどうしよう…」そんな心配も『L-VER』なら大丈夫。元々多くのライブ配信を行ってきたスタッフが逐一アドバイスをしてくれるから、ファンから好感を持たれる配信者になることができます♪

    www.l-ver-fukuoka.com/

▼寝具特集

  1. 【洗える】ハウスダスト対策になる布団・オススメ特集
  2. 防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリ…
  3. ハウスダスト対策に効果的な「寝具の手入れ」を知りたい!
  4. 【洗える】ハウスダスト対策になる”敷布団カバー”特集
  5. 赤ちゃんは「寝具」がカギ!新生児のためのハウスダスト対策

▼CATEGORY

  1. 対策

    【超簡単】いつでも出来るハウスダスト対策特集
  2. コラム

    ハウスダストが「全くない」環境は作れる?
  3. お役立ち

    ハウスダストの中でも「ヤケヒョウヒダニ」が手強い理由
  4. 対策

    【2020年最新】ハウスダスト対策のためのお買い物リスト
  5. コラム

    防ダニ布団カバーはどう選ぶ?高密度織り加工のメリット・デメリット
PAGE TOP